結婚指輪のオーダーメイド手作り

ハンドメイド・マリッジリングやハンドメイド・エンゲージリングを作成するプロセスとは?

2018年07月27日 16時41分


●ステップ1
チューブワックス(ろうそくのようなひな形)をつかってベースの型を作り上げます。
●ステップ2
リングの幅を決定して、チューブワックスをカットし、指に合わせて削ります。
●ステップ3
自分の指のサイズに合わせ、指輪の厚みを決めます。
●ステップ4
余分な部分は、この段階で再び削ります。
●ステップ5
サイズが決まってきたら、デザインを決定してゆきます。
●ステップ6
刻印する文字を彫ったり、埋め込む石の位置を調整したりしてゆきます。
●ステップ7
ワックスを利用して型を作り上げてゆき、素地を流し込み窯で鋳造します。
●ステップ8
表面を加工(研磨など)して仕上げます。
 
これが一般的なプロセスですが、工房によっても方法は違います。一度、詳しく説明を聞いておくといいでしょう。

■いかがでしたでしょうか?
今回は結婚指輪のオーダーメイド手作りについてご紹介しました。
メリットもありますが、デメリット部分もあることがご理解いただけたと思います。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。